NINP

「アジアやヨーロッパの民族衣装を自由に解釈し、生地に遊びを加えた現代のエスニックを表現する」をコンセプトに、直線裁ち、包む、巻くといった民族衣装特有のテクニックを、ポップにモダンに落とし込む。

デザイナー自身がデザインからパターン、縫製仕上げまで全ての工程を1人で行い、年1回のコレクションショーと展示会にて発表し続けている。

 

 

濱田明子 Akiko HAMADA
高知県生まれ。京都市立芸術大学大学院卒業。大学在学中より独学で服作りを開始し、(株)ワールドに入社。

TK TAKEO KIKUCHI等のデザイナーを経てフリーランスとして活動後、

2002年京都にて、自身がミシンを踏む1点物ブランド「NINP」(ニンプ)を立ち上げる。

メッセージを受信しました